IT業界情報一覧

ドワンゴの政治対策力がすごいと思う。

日本のインターネット企業は長らく政治に対しては無関心の企業が多かった。なぜ無関心だったかというと、それだけインターネット企業の経営者が若くて、無知だったからだと思う。その中でも政治力に長けているのはドワンゴだと思う。

ネットエイジ出身の起業家「ネットエイジマフィア」が輩出される理由は社訓Net Age Wayにあった

ミクシィやGREEの経営陣を輩出し、そのほかにもYahooやVOYAGE GROUP、アイスタイル、スマートニュース等様々な企業に出身者を輩出している旧ネットエイジ(現ユナイテッド)。 ビットバレーとか1999年頃のネット黎明期・バブル期を知っている人からすれば、社名変更してほしくなかったなと思うけど。

カヤックがRANKERS(ランカーズ)を発表でe-sportsの普及なるか。賭博性は大丈夫なのか?

これまでありそうで無かったサービスが実現する。面白法人で有名なカヤック(もはや東証マザーズに上場する普通の株式会社)がスマホゲームアプリの賞金付き大会を開催するサービス「RANKERS」(ランカーズ)を発表した。

LINEが移転する新宿ミライナタワーとは?新宿のIT企業とネット民の反応

LINE株式会社が社員の増加と現在3箇所に分散しているオフィスの一元化に向けて渋谷のヒカリエから新宿駅新南口に竣工予定の「JR新宿ミライナタワー」に移転することを発表した。 新たに建設しているビルのようだが、ミライナタワーとはどんなビルなのか?新宿にIT企業って多いのか。ネット民の反応も含めてまとめてみました。

TVの無料見逃し配信サービス「TVer(ティーバー)」はYoutubeに対抗できるのか

民放のキー局5社(日テレ、フジテレビ、テレ朝、TBS、テレ東)が2015年7月16日、広告付きだがテレビの見逃しを無料でスマホ・タブレット・PCで視聴できるようにするサービス「TVer(ティーバー)」を10月に開始すると発表した。

女性向け2ちゃんねるとなりつつあるガールズちゃんねる(ガルちゃん)のMAUがすごい。代表の大宮光晶が考えるシンプルさ

ガールズちゃんねるをご存知だろうか?おそらく男性でその存在を知っているのは少ないかもしれないが、女性の間で女性版2ちゃんねるとして広まりつつある。このサービスは株式会社ジェイスクエアードが運営しており、2chと同様の匿名掲示板だ。ただもちろん女性しか利用できないわけではなく、男性で利用しているユーザもいるとは思う。

イープラスが2ヶ月連続の炎上ネタ提供。チケットやコンサートの手数料をこんなところに投資するなの声

現在はソニーグループのSMEが50%の筆頭株主でクレディセゾンが37%、ファミリーマートが8%、パルコ4%という資本構成で2015年1月に株式会社エンタテイメントプラスから株式会社イープラスに社名変更して心機一転。

ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの6時間労働制への挑戦。「ろくじろう」は社会に広まるのか。

世界的な標準となっている8時間労働に異論を唱えるような新しい挑戦をファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイが2012年から実施している。6時間労働制「ろくじろう」だ。

こんなビジネスが許されるのか。ドコモの電子雑誌読み放題「dマガジン」の8割は利用しないのにお金を払っている休眠ユーザ

NTTドコモが電子雑誌を月額400円(税抜)で読むことができるサービス「dマガジン」を開始したのは2014年6月20日。ギリギリ1年以内であった2015年6月15日には会員が200万人を突破したことを発表し、好評であることを伺わせている。サービス開始直後は79誌だったのが、現在では雑誌139誌の最新号が配信

イトクロがマザーズ新規上場・IPO。社名の意味・由来となった伊藤弘和と黒岩剛史は?山木学氏との関係とは

2015年6月26日に株式会社イトクロ(本社は東京都港区。代表取締役は山木学)は東京証券取引所マザーズ市場への新規上場の承認を発表した。上場日は2015年7月30日を予定しているという。

上場ゴール批判の国光宏尚社長率いるgumi。業績発表の経緯や希望退職、韓国での横領について

ソーシャルゲーム業界では国光宏尚社長はビッグマウスでも有名。将来ビッグマネーを得ようと夢見る若者にはその存在は憧れだったかもしれない。なぜ一転してここまで叩かれるようになってしまったのか。

スポンサーリンク