楽天オークションが決算発表。黒字も10年以上歴史に差があるメルカリに瞬時で抜かれる

楽天オークションが本日2016年4月8日に決算広告で業績を開示しています。この楽天オークション、歴史は長く楽天市場が1999年9月に楽天フリマを開設。EasySeekを吸収しつつ、2005年に楽天オークション株式会社を新設し楽天フリマを統合しています(現在のラクマは別サービスで楽天が運営)。

2005年11月に楽天オークションとしてサービスを開始しました。その翌月、12月にはドコモに第3者割当増資を実施し、楽天60%・ドコモ40%の資本構成になっています。

経緯から見ると16年以上の歴史があるんですね。

スポンサーリンク

楽天オークションの業績

楽天オークション

売上15.1億円の営業利益2.7億円。

黒字とはいえ2013年7月にサービスを開始し、昨年の売上42億円・売上総利益39億円、営業損失11億円というトンデモな数値を発表したメルカリがいますからね。オークションサービスとしてはヤフオク、モバオクに次ぐ3番手のポジションでしょうか。

メルカリと比べるなと言われるとそうなんですが、楽天はどちらかというと直接運営しているラクマの方に力を入れている感じがします。

本田翼でTVCMも打ってますしね。