Twitterが背景に広告枠を準備という憶測報道は誤り?スティーブ・ジョブズとジャック・ドーシーの関係

Twitterが何の告知もなく、ユーザのタイムラインとプロフィールの背景画像を取っ払ってシンプルにしたことにTwitter上でもユーザの不満が広がっている。

スポンサーリンク

お粗末な設定移行

今回の変更に関してはかなりお粗末だと思う。なぜなら設定画面にデザイン変更ページは残ったままで、背景画像のプレビュー画面も一見機能している。ただ保存適用後も実際にはページには反映されないというユーザからすればバグとも思われるような状況が2015年7月22日時点では残っている。

ちなみにツイート、リスト、コレクションのページには背景画像は利用できる状態のようだ。

広告枠を追加するためとの報道は本当か?

この報道はニュースメディアが勝手に憶測しているものでTwitterが正式に発表したものではない。

この憶測が出るのも無理は無い。ちょうど今月(2015年7月)1日、CEOのディック・コストロが業績不振の責任をとって退職し、新たなCEOを探しているからだ。

現在、CEOはTwitterの共同創設者であるジャック・ドーシーが暫定で勤めている。

ジャック・ドーシーという人物

IT業界で米国で知らないものはいない。日本でも知っている方も多いだろう。

ジャック・ドーシーはTwitterの共同創設者にして、日本にも参入を開始し、ローソンなどとも提携しているカード決済システムのスクエア社のCEOでもある。

このスクエアはスマートフォンやiPadに接続すると簡単にクレジットカードの決済端末となる。今まで多くの商売をしている店舗はクレジットカード支払いを導入するために多額の手数料や高価の決済端末を導入する必要があったが、それを一気に簡便化して業界を変えようとしている。

次のスティーブ・ジョブズとも

またスティーブ・ジョブズはアップル社だけでなく、ウォルト・ディズニーの筆頭株主かつ取締役でもあった。

そのジョブズが亡くなった2年後、ジャック・ドーシーはウォルト・ディズニーに取締役に就任している。

そんなジャック・ドーシーは日本の禅寺庭園の愛好家でもあり、これもスティーブ・ジョブズと共通している。

スティーブ・ジョブズのシンプルさは禅から来ているとも言われることを知っている人も多いだろう。

そんなシンプルさを追求している禅の精神を慕っているジャック・ドーシーが暫定CEOを務めるTwitter社の現状の中でTwitterが広告枠を設置するだろうか?

スティーブ・ジョブズならこう言う

背景画像も広告枠もいらない。シンプルにしろ」と。

ジャック・ドーシーも考えもそんな気がする。

実際に米国のSNSではごちゃごちゃした背景のMySpaceが衰退し、変わってシンプルな背景であるFacebookが覇権を握っている。