イープラスが2ヶ月連続の炎上ネタ提供。チケットやコンサートの手数料をこんなところに投資するなの声

現在はソニーグループのSMEが50%の筆頭株主でクレディセゾンが37%、ファミリーマートが8%、パルコ4%という資本構成で2015年1月に株式会社エンタテイメントプラスから株式会社イープラスに社名変更して心機一転。チケット販売大手のイープラスがここ最近炎上ネタを提供することが多い。

イープラス

そんなイープラスが2015年5月に座席数300席超という日本最大級の広さのカフェを土地代の高い渋谷にオープンするという。これが日々手数料を抜かれている音楽関係者やファンから批判を浴びた。

スポンサーリンク

2015年5月 イープラスカフェ始動→批判殺到

イープラスが日本最大級の新業態ライブカフェを渋谷にオープン 音楽×アートの空間に

イープラスカフェチケット等の販売を行うイープラスの新業態となるライブカフェ「Living Room Cafe by eplus」が7月上旬、渋谷にオープンする。床面積1,200平方メートル、座席数300席超という日本最大級の広さを有し、ライチタイムからバーまで営業。アート作品の展示販売も行う。

イープラスのカフェに対するTwitterの声

まぁ決して消費ではなく、ちゃんと利益が上がれば投資も回収でき、ゆくゆくはチケット手数料の割引につなげてもらえればね。。

翌月には期待感を煽る事前告知→ででん→なにそれ?

6月30日には公式Twitterで煽り、ハードルをあげてしまう。

これに多くの人が手数料の引き下げなどを期待した。。

そして。。 ついに発表!(ででん)

現実逃避の声続出

▼ この記事が面白かったらいいね!

▼桜庭涼のフォローをお願いします!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

🔻情報交換できるFacebookグループ。お気軽に参加ください

IT企業勤務者限定コミュニティ

note非公式コミュニティ

🔻noteはじめました