LINEってすごいって言うけど実は半分は堀江貴文が率いたライブドアの人材だってどのくらいの人が知ってるんだろう?

最近LINEがプラットフォーマーとしてゲームも音楽も決済代行に求人広告、電子書籍にキュレーションアプリ等様々な分野で存在感を見せている。

そんなLINEなんだけど、元々はハンゲームを代表するNHNジャパンとライブドアが合併した姿なんだってどのくらいの人が知ってるんだろうか。IT企業の人は知っているだろうが、その他の人は殆ど知らないだろう。

スポンサーリンク

LINE(旧NHN JAPAN)がライブドアを買収した

2010年4月現LINEである旧NHN JAPANが当時のライブドアを63億円で買収した。

その当時、NHNからライブドアに対して以下の方針が示されていた。

1.「社名」「ブランド」「サービス」「組織」を継続
2. 独自の運営ポリシーに沿って運営
3. 現常勤取締役は留任
4. 従業員の雇用を継続
5. さらなる成長を支援

ライブドア出身の優秀な人材達

改めてホリエモンこと堀江貴文が率いていた時代のライブドアって採用力がすごいなって思うんだが、LINEの新社長の出澤剛氏やNAVERまとめをはじめ新時代のメディアも成功させている田端信太郎を含め、池邊智洋、落合紀貫、佐々木大輔などの執行役員も元ライブドア。

ライブドアを退社したが、nanapiの古川健介やSmartNewsの松浦茂樹も元ライブドアだ。そのうちアメリカのPaypalマフィアやTwitterマフィアのようにLivedoorマフィアと呼ばれる時代が来るかもしれない。

あわせて読みたい

ネットエイジ出身の起業家「ネットエイジマフィア」が輩出される理由は社訓Net Age Wayにあった

よくメディアに出ている舛田淳はNHN出身のようなのだが、これだけ優秀な役員陣がコラボしたからこそ今のLINEがあるのだろう。

ちなみにLINEから分社化したNHN PlayArtはcomicoなど1000万DLを超えるアプリを生み出しており、やはり成功は人材の力なんだろうと思う。

あわせて読みたい

堀江貴文が語るレールのない世界で成功する秘訣。近畿大学卒業式のスピーチ要旨【動画】