伝説の投資家ジム・ロジャーズがこれからは「銀」だと2010年に予想。それからどうなったか調べてみた。

伝説の投資家ジム・ロジャーズをご存知だろうか?1973年にこちらも伝説の投資家ジョージ・ソロスと共にクォンタム・ファンドを設立し、10年の間に3365%のリターン(この間、ダウ平均株価は20%しか上昇していない)を得て、1980年にクォンタム・ファンドを退社し、仕事を引退。翌年クォンタム・ファンドは設立以来初めて、資産を半分失うほどの損失を出したという。

そんなジム・ロジャーズが2010年にテレビ東京の番組でこれからは「銀」だ。「銀」に違いない。「谷でも銀。ジムでも銀」とまで言ったかわからないが、そういう主旨の発言をしていたので、相場がどうなったか調べてみました。

スポンサーリンク

カリスマ投資家 ジム・ロジャーズとは

マンガジム・ロジャーズ [ 森生文乃 ]

マンガジム・ロジャーズ [ 森生文乃 ]
価格:1,728円(税込、送料込)

ジム・ロジャーズは、ジョージ・ソロスとともにクォンタム・ファンドを設立し、10年の間に3365%のリターン(同時期のNYダウ平均は20%)を得て名声を高めました。

投資家なら世界中で知らない人はいないカリスマ投資家で、多数の書籍を出版しています。

また冒険投資家とも知られており、1990年から1992年にオートバイで世界6大陸に渡って65,065マイルを走破し、この記録はギネスブックにも登録されている。

1999年1月1日から2002年5月2日にはベンツで116カ国を走破し、これまた別のギネスブックに登録されている。

そんなジム・ロジャーズですが、2010年5月26日のテレビ東京「NEWS FINE」の放送から特集での発言をピックアップしました。

ジム・ロジャーズのTV東京「NEWS FINE」での発言

  • 日本は膨大な債務で5年~10年で大変な混乱に陥るだろう。
  • ギリシャ等の国がユーロをいいように利用しており、ユーロは10年~15年で消滅する。
  • これからは金よりも銀だ。

などの発言をしています。

その後の相場。

銀相場

海外ドル建価格
(平均)
2009 14.69
2010 20.18
2011 35.23
2012 31.15
2013 23.79
2014 19.06
2015 15.70

動画か放送された2010年5月26日翌年までは上がったものの、そこから下がり続けています。来年は銀だとの発言なら良かったと思いますが、どう受け止めれば良いのでしょうか。

またジム・ロジャーズはこの相場をどう処理しているのでしょうか。まさかみんな銀に殺到させた後に自分は高値で売り抜けていたりとか・・・

▼ この記事が面白かったらいいね!

▼桜庭涼のフォローをお願いします!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

🔻情報交換できるFacebookグループ。お気軽に参加ください

IT企業勤務者限定コミュニティ

note非公式コミュニティ

🔻noteはじめました