サイバーエージェント子会社、CAモバイルの外川穣社長が退任。会社の業績を調べたら売上半減してた

サイバーエージェント(日本を代表する企業)の子会社であるシーエー・モバイル(CAモバイル)が2015年9月24日開催の臨時株主総会で10月1日付けで外川 穣(そとかわ ゆずる)社長が退任し、後任として石井 洋之氏を新たに代表取締役社長とする人事を発表した。

スポンサーリンク

CAモバイルとは

日本を代表するサイバーエージェントの子会社として2000年に設立され、創業時から外川社長の指揮の元、ガラケー分野では広告やモバイルコンテンツなどで人気サービスを多数持ち、いつ上場するのかと期待されていました。

それこそ日本を代表するインターネット非上場企業だったんです。

またあまり知られていませんが、ベンチャー系の投資でも上場したKLabやイー・ガーディアンの株主でもあり、成功事例がいくつかあります。

しかし近年では日本を代表するサイバーエージェントのソーシャルゲーム系の新規子会社には売上を抜かれるし、EC事業も売却したりとポジティブなニュースはあまり聞かれなかった。日本を代表する非上場企業では無くなった感たるや半端無かったです。(´;ω;`)ブワッ

CAモバイルの業績

CAモバイル業績

2008年9月期
売上144.55億円 営業利益13.78億円 経常利益10.78億円 純利益0.37億円

2014年9月期
売上79.82億円 営業利益7.46億円 経常利益8.07億円 当期純利益0.35億円

売上も営業利益も半減していますね。

明らかにガラケーからスマホシフトがうまくいかなかった代表例と言えるでしょうね。

新社長 石井洋之氏の略歴

石井洋之社長の略歴

SEO事業を行っていたCAテクノロジーの元社長(2011年にサイバーエージェントに吸収合併されている)で今はサイバーエージェントの執行役員でもありますね。

今回の外川社長の退任が自主退職なのか、売上低迷の責任でサイバーエージェントから変えられたのかは定かではないが外川社長には長年お疲れ様でしたと言ってあげたい。

あわせて読みたい

サイバーエージェントの決算分析したらAmebaがヤバイ