業績・株式一覧

売上絶好調のクルーズが決算発表でホームラン狙いの仰天宣言。人員減の理由が謎

元々の旧社名ウェブドゥジャパンの時は何かと営業力の強い会社というイメージだったんですが、すっかりゲームとECの会社になっているクルーズ。創業以来の過去最高の四半期売上の決算発表を行いましたが、色々と不思議な点がありました。

DeNAのMERY・iemo等のキュレーション事業が四半期売上5億円に成長。ゲーム事業も再成長ステージへ

GREEがブラウザゲーム事業の売上が減少の中、他事業で盛り返すことができていない中、DeNAがすごい。ブラウザゲームのモバゲーはサイバーエージェントグループのCygamesのグランブルーファンタジーのおかげとはいえ下げ止まりをみせ、ネイティブゲームも含めると売上は完全に再成長ステージに入ったと見ていいだろう。

爆買い中国人は日本人の客単価のなんと10倍。ドン・キホーテの決算データで分析するインバウンド需要取り込み効果。

最近では街中で外国人を見かけるのは珍しくありません。訪日外国人は想像以上に急増しており、2014年は45年ぶりに訪日外客数と出国日本人数が逆転しました。2014年は過去最高の1341万人の訪日外国人を記録しましたが、2015年はなんとそこから47.1%増の1973万人を記録しています。

モンストの勢いが止まらないmixi。ガンホーも超えられなかった年間営業利益1,000億円の壁を破れるか

2016年2月5日、ミクシィが第3四半期の決算を発表しました。サイバーエージェントがCygamesの勢いもありゲーム売上を急激に伸ばしており、スマホゲーム売上2位のガンホーは捉えてきた気配はありますが、モンストを運営するミクシィはまだまだ遠いなと感じた決算でした。では見ていきましょう。

クックパッドが決算発表と同時に内紛の決着を発表。取締役選任議案の一本化に関して合意

つい一昨日、クックパッドがお家騒動で650億円もの企業価値が約2週間ほどでぶっ飛んだという記事を書きました。そのクックパッドがつい先ほど決算を発表したのですが、同時に内紛に決着がついたことを発表しましたので速報でお伝え致します。

GREEの売上減少が止まらない。グループ従業員1,500名超えの企業は今後どうなるのか

GREEが本日第2四半期の決算を発表しました。DeNAの国内ゲーム売上は下げ止まり、また上昇傾向すら見えてきた中、GREEの売上減は止まりません。もはや営業利益ではゲームが好調なサイバーエージェントに四半期ベースでダブルスコアをつけられたGREEの今回の決算を確認しましょう。

クックパッドの創業者と経営陣のゲス極なお家騒動。約2週間で企業価値が約650億円ぶっ飛ぶという泥沼に

もはや記事を書くのに乗り遅れてしまったので、事の詳細は今更かかないが、クックパッド創業者で44%を保有する筆頭株主の佐野陽光氏と現社長(元カカクコム2代目代表取締役社長でもある)穐田誉輝率いる現状の創業者以外の取締役陣の対立が表面化したのは2016年1月19日。

サイバーエージェントが2016年中に日本最大のゲーム会社になるか。ガンホー・ミクシィをも超える勢い。

昨日(2016年1月28日)、サイバーエージェントが決算を発表しました。前回の決算ではサイバーエージェントがもはやゲーム会社になったと記事を書いたところ大きな反響がありました。今回の決算ではその傾向がさらに顕著になっています。なんと今年中にサイバーエージェントが日本最大のゲーム会社に上り詰めそうです。

サイバーエージェントとホリエモンの肝いり755(株式会社7gogo)の決算や現状の状況を分析したら累損23億円。

昨年2015年7月23日に行われた決算説明会の質疑応答で「芸能人・著名人に紐づくファンをベースにしたアプリだと成長拡大が見込めないため、一般ユーザー同士での交流や回遊を促すようサービス打開を進めていく」として755の苦戦を認めたサイバーエージェント。

永遠のベンチャーと揶揄されていた株式会社はてなが上場IPO。分析したらはてぶ民もイミフの上場ではないか

永遠のベンチャー企業(いいかげん上場しろ)とか、日本を代表するユニコーン企業(皮肉)とかIT業界では言われていた株式会社はてなが創業15年目にしてついにIPOするようだ。

スポンサーリンク