パズドラの衰退止まらず。ガンホーも広告宣伝費増加させるも売上・営業利益は2年前より悪化

パズドラの成功でゲーム業界に衝撃を与え、DeNAやGREEといったブラウザゲームプラットフォームからネイティブゲームのApple・Gooleプラットフォームへの地殻変動が起きたのは2013年のこと。

その地殻変動の要因であるガンホーのパズドラの衰退傾向は今に始まったことではありませんが、2015年の決算が締まり昨日発表され、その傾向を改めて再確認できました。

スポンサーリンク

ここ4年間のガンホーの売上・営業利益

ガンホー売上・営業利益

昨年どころか一昨年よりも売上と営業利益は悪化していますが、ガンホーは高位安定を強調しています。そりゃ年間売上1543億円、営業利益724億円は驚くべき数字なんですが、事実として減少傾向に歯止めがきかない状況です。

2015年の四半期毎の売上・営業利益

ガンホー四半期売上・営業利益

四半期毎にみても減少傾向が続いています。しかも4Qは10月~12月という年末商戦時期。

それでも3Q を下回っています。ここで問題なのは次の販促費の推移です。

問題なのは四半期ごとの販促費の推移

販管費推移

なんと売上が減少し続けているにも関わらず、販管費が増え続けているのです。

売上のテコ入れをなんとか図ろうと必死なんだと思いますが、売上が351億円まで下がった4Qは実は広告宣伝費を69億円にまで増加した結果の数値だったのです。

パズドラのMAU・課金率推移

パズドラMAUと課金率

広告宣伝費を増加した12月。11月が営業日数が1日少ないにも関わらずMAUはほぼ同程度です。

サービス開始から見てもゆるやかにMAU・課金率が下がっていっているのがわかります。

パズドラS-inからの推移

パズドラの衰退はもはや仕方がないことだと思うのだが、問題は次のヒット策がいつ生まれるのか。

2015年は期待のケリ姫スイーツも100万DL程度でここから急激な成長は難しいと予測される。期待は200万DL程度はされたと見られるディバインゲートやサモンズボードといったタイトルだが、パズドラの衰退を埋めるほどの成長はできるのだろうか。

今回のこの決算を受けて株価は下落し、翌日(2月3日)の午前中(12時半現在)で10%ほど下げている。

ガンホー株価

サイバーエージェントのゲーム事業の直近四半期が売上297億円の営業利益88億円。これに対してガンホーは売上351億円の営業利益135億円。
高水準であることは間違いないが、右肩上がりのサイバーエージェントと右肩下がりのガンホーの傾向からいって2016年中に四半期ベースではサイバーエージェントがガンホーをゲーム事業で超えるでしょうね。

2016年はガンホーにとって正念場となりそうだ。

▼ この記事が面白かったらいいね!

▼桜庭涼のフォローをお願いします!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

🔻情報交換できるFacebookグループ。お気軽に参加ください

IT企業勤務者限定コミュニティ

note非公式コミュニティ

🔻noteはじめました 

コメント

  1. @tttoshi より:

    東方衰退論みたいな感じだ。

  2. 各社で業績の違いが出てるのは分かるんやが、ゲーム自体の良し悪しが全く分からん。ユーザー目線というやつなんか?

  3. @cutmail より:

    一つの作品の寿命はあるからね