不倫SNS登録の日本人約200万人の顧客情報流出。浮気の慰謝料請求・離婚が続出かも

先日当サイトでもお伝えしたアシュレイ・マディソン。そのアシュレイ・マディソンの運営会社が2015年7月20日、ハッカーの攻撃を受けて、日本人約200万人を含む顧客の氏名・メールアドレス、住所、クレジットカード情報やサイトに公開しているプロフィール情報を流出したと発表した。

スポンサーリンク

アシュレイ・マディソンに対するハッカーの声明

IPOを目前に控えるアシュレイ・マディソンに対して「サイトを閉鎖しなければ、利用者の個人情報を開示する」と声明。またアシュレイ・マディソンは退会する際に会員自らがお金を払い、個人情報を完全に削除する「完全削除オプション」がある。

しかしハッカーは情報が削除されていないとしており、アシュレイ・マディソン側は削除できていると反論している。

アシュレイ・マディソン 顧客情報流出

顧客情報流出の被害は莫大

会員約3600万人の顧客情報が流出した可能性がある。犯行組織は「インパクトチーム」と名乗る組織or個人とのことで、惻隠の情報や会社の銀行口座などの流出がすでに確認されている。

今では皮肉に聞こえるがアシュレイ・マディソンのキャッチコピー「人生は一度、不倫しましょう」。そう人生は一度なのである。。