イトクロがマザーズ新規上場・IPO。社名の意味・由来となった伊藤弘和と黒岩剛史は?山木学氏との関係とは

2015年6月26日に株式会社イトクロ(本社は東京都港区。代表取締役は山木学)は東京証券取引所マザーズ市場への新規上場の承認を発表した。上場日は2015年7月30日を予定しているという。

上場ゴール批判の国光宏尚社長率いるgumi。業績発表の経緯や希望退職、韓国での横領について

ソーシャルゲーム業界では国光宏尚社長はビッグマウスでも有名。将来ビッグマネーを得ようと夢見る若者にはその存在は憧れだったかもしれない。なぜ一転してここまで叩かれるようになってしまったのか。

オーナー経営企業とサラリーマン経営企業の違いや差はどういうところか。麻生巌が考える会社と経営者の時間軸のズレとは

自ら会社を起業し、株式も大半を占めながら経営を行うといういわゆる「オーナー経営」とほとんどの場合、たいした株式も保有せず株主から雇われて企業を経営する「サラリーマン経営」の企業に対する一長一短はどういうところなのだろうか。

Apple Watch 店頭で即日購入できる在庫が入荷。アプリは通知、地図、フィットネス、ハンズフリー通話などが便利

Apple Watchの販売本数が発売以降、世界で279万個としている。これはモルガン・スタンレーによると初代iPhoneよりも20%も需要が高いことを示すという。また購入者の17%が取替用のバンドを購入しているという。

サイバーエージェント藤田晋社長が捨てる会議で捨てたモノ。ジギョつく廃止へ。

サイバーエージェントが初めて「捨てる会議」という会議を実施したという。この会議は過去に機能していたものの、時代の変化で必要なくなったものや効果が無かったものなどを整理するための会議という。

ドワンゴの川上量生と麻生巌の対談から読み解く日本の製品開発がダメになった理由

ドワンゴの川上量生はネット業界では有名人だが、ドワンゴの創業者であり、現在はKADOKAWAと合併しカドカワ株式会社となる会社の代表取締役社長だ。そのドワンゴの取締役でカドカワでは社外取締役に元内閣総理大臣で元副総理の麻生太郎を伯父に持つ麻生巌がいる。

インターネット業界の変化の早さとLINE元社長 森川亮の考え方

インターネット業界はものすごいスピードが早い。少し前はドッグイヤーとかいう表現もあったが、それももう古臭くなって最近は使われなくなった。そんなインターネット業界では勝ち組が一転して負け組になるという現象が他の業界と比べても頻繁に起こっているだろう。

スポンサーリンク